不快語?

校正者というプロの手当を経て、ゲラ(校正紙)が届く。このところ、奇異に感じるのが「不快語」というカテゴリー。

校正者(フリーランスよりも特に大出版社の校正者=校閲部)は、いわゆる「差別語」のチェックが大きな仕事になる。本末転倒な感じもするが、「トラブルを避ける」という防護策を、笑ってしまう一方、事情は理解できる。むかしカタカナ語辞典をつくっているとき、「エスキモー」やら「ジプシー」という語で、校閲部長さんの見解を聴くやら、最後は局長さん判断やらで、もう、おおわらわ。現に言葉はある。それを説明するのが辞書である。「こういう意味だけど、差別的なニュアンスもあるから、使用は避けられている」という内容を、あまり突出せずに語の説明に溶け込ませるという芸当が必要になった。

それはそれとして、このところ新しく登場しているのが「不快語」という奇妙な範疇だ。「農夫」にチェックが入り、「これ、使っちゃっていい? 農民にする?」といった打診がメモされている。農業をやっている人が「農夫」の2文字を読んだとき、不快に感じてはいけない、という配慮なのだろう。すごい配慮をするもんだ。出版業界。

「農民」ではなく「農夫」だから、「農夫」と使う。「農夫としてのヴァイキング」という語句での出来事だ。ヴァイキングは海で乱暴ばかりやっていたんではなくて、陸では農作もやってた。ふうん、意外。興味深い。これを「農民としてのヴァイキング」というふうに書き換えられるわけはない。「農夫」は「農夫」である。

ATOKやMS-IMEといった日本語変換ソフトで出てこない語句は、この「不快語」にまで範囲が広がっている。「農夫」は一発で変換できるが、「にんぷ」は「妊婦」しか出てこず、「人夫」は出てこない。「人夫」にももちろんチェックが入ってくる。

だが、このへんなら、まだマシで、この前は、(校正者にもよるのだろうが)「本屋」にチェックが入り、「書店にする?」と訊いてきた。もちろん笑って無視した。書店の主人や店員さんは、「本屋」と呼ばれると、不快に感じるのだろうか? そんなことはないと思う。

「俳人」でも「俳句作家」でもなく、「俳句屋」を遠い目標にしている私としては、「~屋」は大いにアリなのだが、まあ、自称と他称は違うのだろう。「ブンヤ」を自称している新聞記者が、「新聞屋」と呼ばれれば、それはやはり気分を害するかもしれない。

というようなわけで、他人(といいながら特定の集団)の気を遣いながら、日本語はどんどん貧相になっていくのかもしれないですね、という話。
[PR]
by tenki00 | 2005-11-08 19:09 | pastime
<< 俳句な毎日 人名俳句房 はやくも引っ越し >>