パンフレット

をプリントアウト中である。

由季氏らのコンサートの前夜、つまり昨晩、プログラム解説のパンフレットを完成させた。イラストレーターやクォークなどいう洒落たものは使えないから、MS-Word。そんでもって、いま印刷中ってこった。

チラシには誤植があり、それに気づいてから数日は生きた心地がしなかった。パンフレットにも誤植があるかもしれないが、許せ。

いまさら言うまでもないが、由季氏と私は夫婦ということで、なにか手伝うことがあれば手伝う。それが夫婦の仁義である。それで、パンフレットをつくり印刷しているというわけだ。

雄鬼さんが、奥方の件で、「のろけてない」「喜んでない」と抗議していらっしゃるが、喜ぶべきことなんじゃないか、お弁当をつくってもらえるなんて。あるいは、相棒がいることは。だから素直に喜べばいいと思う。のろけていいかどうかは知らないけれど。

夫婦は相棒であり戦友である。世の中ぜんぶがそっぽを向いても、そばにいてくれる、そばにいてやるのが夫婦だろうと思う。これは私のような気弱で意思が弱く不安定な人間には、大きな安心だ。

由季氏にはふだんずっと世話になりっぱなしである。だからというのではないが、なにか手伝うことがあれば手伝う。というと、いかにもいつもなにかと手伝っているように聞こえてまずい。それはまったく違う。だが、まあ、たまにはやる。ひつこいが、それが夫婦の仁義ということだ。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-15 13:27 | pastime
<< ピアノはスポーツだ ピアノ >>