姫キャラ

何を詠むのかは、存外重要で、

梅園を歩けば女中欲しきかな  野口る理(以下同)

梅雨寒し忍者は二時に眠くなる

と、週刊俳句編『俳コレ』所収の「眠くなる」100句にあるこの2句は、忍者、女中と、かなりエッジなところに切り込んでいる。

さらに「スピカ」に掲載の「彼女」7句には、

紫陽花に住み貧乏を知らざりき

こう3句を並べると、どこかのお城のお姫様という作者像が浮かび上がる。あんみつ姫か、つる姫か、どっちなのかはわからないが、庶民、平民でないことは確か。

『俳コレ』入集の100句には、また、

トンネルや渡り漁夫らの騒がしく

敵国の形してゐるオムレツよ

など、為政者視線の句も。このあたりは作家性と呼んでさしつかえないだろう。


ところで女性の俳人はたくさんいらっしゃるが、なにぶんにもキャラ的なバリエーションが貧しい。例えば、ピカレスクな句を書く女流俳人がいてもいいと思うが、ほとんど思い当たらない。

「お城のお姫様」キャラは、それとはまた別にかなりユニークで、この路線をどう展開するかは別問題としても(いまは戦国時代でも江戸時代でもないからね)、どうにか、がんばってもらいたい(って何を?)と、これはかなり本気で思っているですよ。


[PR]
by tenki00 | 2012-07-03 23:54 | haiku
<< 中高年にはグッっと 観くらべ 第14番 ノーランv... >>