水羊羹

『豆の木』第16号(2012年4月21日)より。

  夕暮れが遠くより来る水羊羹  三宅やよい

遠くから夕暮れ。手もとには水羊羹。これが夜? ということもないだろうが、感触と距離感が織りなす、ある種の気分。


ところで、『豆の木』誌は、同人各氏の見開きスペースの上方には10句が並び、下には短文(エッセイ)が載るというスタイル。これは創刊当時から不変らしい。

三宅やよいさんの短文「ありし日」に、以下のようにあった。
だいたいが「ありし日」を振り返ること自体あまり好きではない。「○○の新聞に取り上げられました」と、黄ばんだ新聞記事を壁に貼りだしているラーメン屋みたいなもので、かつてあったはずの自分を語るようになったら終わりじゃないか。
潔い。

さらに、こうある。
見知らぬ場所、出会っていない人がまだ私を待っている気がする。生きてる限り「あるかもしれない私」を楽しみにしたい。
こちらも前向きになれますね。


もうひとつ、ついでに、水羊羹は、たねやが美味ですよね。

d0022722_1544552.jpg


 
[PR]
by tenki00 | 2012-06-11 12:00 | haiku-manyuuki
<< 観くらべ 第12番 歴史 顔 >>