水葬と蒲団

『豆の木』第16号(2012年4月21日)より。

  水葬の如く蒲団に溶けてゆく  内藤独楽

「溶けるように眠る」は成句なので、「蒲団」という語から「とけてゆく」が導かれるのは順当。けれども、この句のなかでは、水葬もまた「とけてゆく」イメージ。これはインパクト大。

眠りに落ちるのを水葬と言いきる、その可笑しみと同時に、鮮烈で静謐なイメージが立ち現れる。


  
[PR]
by tenki00 | 2012-06-09 12:00 | haiku-manyuuki
<< 「について」と「を」 悲喜劇 >>