ねむい

『豆の木』第16号(2012年4月21日)より。

  大いなる甕に手を掛け春眠し  太田うさぎ

甕に手を掛けたまま眠ってしまいそうで、「ちょっと、だいじょうぶですか」と起こしてあげたくなります。

甕には水が張ってあって(いや、酒かw)、水=液体はすなわち催眠的なわけで、眠りとともに身体=精神は甕の水の中へと。まあ、このあたりは、読者が味わう幻想の領分。句でそこまで明示しないのがオツというもの。

しかし考えてみるに、上記のトリップ(読者的幻想)にまで句が踏み込むか、そこ手前で踏みとどまるかで、作家の色合い、作風が大きく分かれます。

太田さん(この言い方、新鮮だなあ)は、はっきりと後者の作家。

  雛菊に添ふる乗船券二枚  同

トリップの前奏(準備)として、さりげなく句が置かれる。。一歩手前がちょうどいいあんばいなのですね。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-17 20:00 | haiku-manyuuki
<< 御中虫さんの100句 コンテクスト3.11 >>