おっかさん

『豆の木』第16号(2012年4月21日)より。

  韃靼海峡進出おつかさん部隊  上野葉月

落下傘部隊ならわかりますが、おっかさん部隊? どこかにこういうものがあるのでしょうか。知りませんが、イメージは湧きます。強烈な部隊。

俳句で韃靼といえば、《一満月一韃靼の一楕円》(加藤郁乎)を思わざるをえず、さらには、安西冬衛の詩《てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた。》なわけですが(これって俳句みたいですよね)、この句の「おつかさん部隊」は、やはりちょっと懐かしい感じで、全員、割烹着とか着ていそうです。

この作者の句(同じページ)には、《豆の木は季語ならざるやゆみこ立つ》《神無月あたると痛い火山灰》などがあり、なかなかふざけています。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-10 20:00 | haiku-manyuuki
<< キサラギ効果 東京 >>