観くらべ 第12番 男の世界

予約したDVDをTSUTAYAが2本ずつ郵送で送ってくれるサービス。その2本に勝ち負けを付けるという、ヘンテコリンなシリーズの第12弾。


『ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌』(ジョン・ウー監督/1992年)

右 勝
『オフサイド・ガールズ』(ジャファール・パナヒ監督/2006年)


『ハード・ボイルド~』は香港の警察vsギャングもの。ジョン・ウー監督の『男たちの挽歌』(1986年)でスターになった(という)チョウ・ユンファが主役。悪者一味が武器の密輸商というだけあって、銃撃戦で消費される火薬の量が半端ではない。例によって、シロウトも巻き添えになりまくり。ともかく、火器ふんだん、死傷者もふんだん。

一方の『オフサイド・ガールズ』はイラン(!)の映画。イラン映画って、初めて見ましたよ!

イランでは女性がスタジアムでサッカー観戦することが禁じられているのですが(今は違うかも)、そこになんとか紛れ込もうとする女性たち(ガールズ)の奮戦ぶりを描くのが、この映画。2006年ワールドカップの予選(イラン対バーレーン)、その試合当日の実際の街やスタジアムを映画のロケーションに、ストーリーが展開。つまりノンフィクションを舞台に、芝居が進行し、それを映画に収めるというスリリングな作り。それが、もう、いわゆるヴィヴィッドな空気感で、おもしろいったら、ない。

ストーリーは単純。見せ場もそれほどない。サッカーが観戦できるかどうかというと、できないし、映画のほとんどは、監視の軍人に「ダメ!」と行動を制限される時間で埋まる。それでも、この「空気」というのが、ほんとにイキイキとこちらに伝わり、映画的快楽に包み込まれる。

いや、もう、このジャファール・パナヒ監督、最高なのでは?(別のも借りてみようと思います)

ちなみに、この当時のイランチームには、あの国民的英雄ストライカーのダエイ、歴代アジア選手でベスト10に入れたいアリ・カリミ、名前からして巧そうなマハダヴィキアなどがいて、この映画でも実況として、これらの懐かしい名前が登場するのも、私としてはうれしい(アリ・カリミは、最高に胸熱のネタとしても登場)。


『ハードボイルド』も悪くないが、サッカーという男の世界に果敢にアクセスしようとするイランのおねえちゃんたちが素晴らしい『オフサイド・ガール』の勝ち。


d0022722_18214189.jpg

[PR]
by tenki00 | 2012-04-30 18:22 | haiku
<< 質感 assorted 虚子 >>