牛舎

鈴木牛後句集『根雪と記す』は、小ぶりの、正方形の判型(135mm×135mm)。

  初蝶は牛舎の隅の暗きより  鈴木牛後

牛後さんは、週刊俳句のシリーズ「牛の歳時記」からもわるように酪農を営まれていて、この句集には牛関連の句も多い。

牛じゃない句から。

  あけてゐるだけの呉服屋あたたかし  同

  行く春のいつか何かに使ふ箱  同


[PR]
by tenki00 | 2012-04-12 12:00 | haiku-manyuuki
<< 低温火傷 タイプライター >>