水辺の散歩 中央区から江東区へ

三月某日。

昼ごろ、日比谷での用事が済み、さて、映画を観るか、句会へ行くかを迷いつつ、いいお天気なので、ひとり、散歩することに決定。

銀座へ出て、さらに直進、勝鬨橋を渡り、勝鬨駅前を右折、豊海方面へ。引き返して月島橋を渡り月島方面へ、、さらに直進。相生橋を渡る。

この相生橋、橋ラヴァーとしては、好き度がトップクラスに高い。薄緑(ペパーミントグリーン)のトラス橋の、なんとキュートなことよ。

クルマで渡ったことがあっても、歩いては、ない、という橋も多い。相生橋もそう。やはり歩かないと、橋の良さはわからない。

さて、相生橋を渡ると、江東区! 「江東区」という地名が目に入って、気分が昂揚する。道ばたの地図で散歩コースをしばし練る。清澄通りを直進し、黒船橋を渡る。門前仲町の手前で、大横川沿いの遊歩道へ。ヤマタネの倉庫の裏側という、コクの深い景色を眺めつつ、大島川水門まで出る。

水門から越中島公園を抜け、隅田川沿いに相生橋に戻り、月島に戻り、勝鬨駅の交差点で、妻(日比谷のホテルで謝恩会に出席していた)と合流。

3.5時間くらいの散歩。めちゃくちゃ楽しく、気持ちのよい散歩でござんした。

この日渡った橋:勝鬨橋、新島橋、月島橋、相生橋、黒船橋、越中島橋。


このあたり、近いうちに、また来よう。次はカメラを持って。

[PR]
by tenki00 | 2012-03-12 20:00 | sampo
<< 高橋睦郎『百枕』 観くらべ 第8番 人として >>