横浜

遅々とでも、春に来てもらわんとなあ、という感じです。まあ、待ってれば来るんでしょうが。

  横浜や蝶来て汽笛発つところ  仲寒蟬

大阪に生まれ、長野県に暮らす作者にとって、横浜は、旅先、異国かもしれません。輝くような春の訪れ。


掲句は仲寒蟬句集『海市郵便』(2004年7月/邑書林)より。ほかに春の句を何句か。

  しやぼん玉三千世界うらがへし

  高層を並べ海市といふ風情

  永き日を使ひきつたる郵便夫



[PR]
by tenki00 | 2012-02-29 20:00 | haiku-manyuuki
<< 観くらべ 第6番 家臣vs歌手 取り分ける >>