8月6日

昨日8月6日は江戸川の花火大会があったらしく、行き帰りの中央線にたくさんの浴衣姿。ほとんどは若い男女だが、男の浴衣姿が目新しい。

yuki氏に「昨日の電車、ユタカでいっぱいだった」と、言ってしまってから、なんか間違いを言った気がしたが、そのときにはすでに、yuki氏の頭の中には、「車輌がユタカさん(祐天寺大将)でいっぱい」の図が広がり、笑いが止まらなくなった。

ちなみにyuki氏は昨晩、中学校の同窓会(準備会)で、数人の同窓生と何十年ぶりかの会合。会うなり、「yukiちゃん、大きくなったね!」とびっくりされたという。中学のとき130センチで、その後20センチも身長が伸びたので(それでも150センチだ)、皆、びっくりしたらしい。

夜中、私のほうがひと足早く帰宅し、それからyuki氏が上機嫌でご帰宅。右足ニルヴァナ、左足シャングリラ、いい感じに千鳥足である。おもしろかったよーっ! 暑い、暑い!と叫びながら、ソファーでリラックス、そして寝息。そうこうしているうちに地震である。かなり揺れたので、大声で叫んだ。「コラ、パンツはけ!」。すっぱだかの妻とともに避難するのは勘弁してもらいたかった。それでも正気に戻らず、ふらふらとベッドルームに消え、熟睡の模様。今朝になって訊いてみると、地震は夢の中の出来事だったようだ。

ところで、8月6日は、俳句で言えば原爆忌。その手の俳句についての、私なりの自制のことを書いたが、「八月六日」だとか「原爆忌」だとか、のんきでお手軽な句は、やはりほうぼうで目に付いた。つくづく、辟易。

季語とのツキスギを避ければ、なんとなくカッコウはつく。すれっからしのお手軽作句。祐天寺大将も、昨日の句会では、なんか、カッコウをつけようとされたのか、手練のすれっからし「八月六日句」を投句しておられた。あはははは。ダメっすよ。そんなので騙そうったって。


まっ、まさか! 人気blogランキング
[PR]
by tenki00 | 2005-08-07 15:12 | pastime
<< 戦争と俳句(1) あのさあ、峠... 佃の例大祭 >>