太陽肛門

  凧ぬっと太陽肛門へ  九堂夜想

凧(いかのぼり)の行方は太陽肛門。

太陽が肛門へ、と読むのはやはり無理があり、「太陽肛門」と、造語っぽい四字熟語(というのか?)と解したい(解すべき)。

まあ、しかし、太陽肛門とは、なんとイメージ喚起力の高い四文字でしょう。この一句、俳諧の宜しさを備えつつ、ユニヴァーサルでアヌスなところは稲垣足穂にも思いが到ります。


掲句は、「ムルソー」30句〔『LOTUS』第20号(2011年8月)所収〕より。

ムルソーはカミュ『異邦人』の主人公、「太陽のせい」にしちゃった、あの人。この連作には太陽が数多く登場する。


[PR]
by tenki00 | 2011-10-09 21:00 | haiku-manyuuki
<< 続・秋鯖 読者を選びますよ、と、みんなに... >>