カンナ

カンナという花を好きだという人は少ないと思う。根拠はないけれど。

大雑把で押しが強い感じの花。それだけに存在感はあるのだけれど。

  不眠症カンナに雨の来てをりぬ  藤崎幸恵

不眠症は経験がないが、眠りたくても眠れないのであれば、世界は、小さなディストピアでもあるでしょう。どぎつく赤いカンナの花を、さつに大きな葉に、雨が来る。

どう良いのかうまく言えなくて、それでも好きだという句がたくさんあって、この句もその手の句。


『異空間』(2011年3月・角川書店より。他に何句か。

  紫陽花の隙間混沌雲と水

  夏草や中州に光る警察官

  対岸の原子炉真白麦の秋

  千ヘクトパスカルわれに黴の花

  草刈つてよりの眠気でありにけり


【参考】
:閑中俳句日記(別館)-関悦史
:俳句と主夫の間で
:夜空へ

[PR]
by tenki00 | 2011-09-18 22:00 | haiku-manyuuki
<< くにたち句会(9月)のお知らせ 豆腐屋 >>