流れ星

むかしグールドの弾くパルティータの3番だか何番だかの出だしを「流れ星のような」と譬えたミニコミ誌の記事があった(たしか京都を旅行中に読んだ)。って、不確か極まりない記憶ですが、ともかく、流れ星のようなパッセージ、演奏。素敵ですよね。

  オルゴールの終りの音は流れ星  花谷 清

流れ星の、あの、実際にはおsれほどはっきりとは見えない仄かな航跡は、ピアノよりもむしろオルゴール。こういうロマンティックな句もいいものです。

掲句は句集『森は聖堂』(2011年5月10日・角川書店)より。ほかに何句か。

  積石の石みな違う鳥雲に

  八月や水平線は線ならず

  鶏頭花好まず植えず見にゆかず

  真夏日の森は聖堂鳥睡り

  全館冷房マスターキーの置きどころ

  禁煙マークのけむり二筋日脚伸ぶ


[PR]
by tenki00 | 2011-09-19 22:00 | haiku-manyuuki
<< 俳句のお値段 くにたち句会(9月)のお知らせ >>