ちょっとしたこと

何かを食べたいと思ったり、食べてみたら美味しかったり、と、そんなことが幸せだったり、大事だったりする。幸せのハードル、どこまで下げるんだ?ということもあるんですが。

  歯磨きのあとの食欲ちちろ虫  関根誠子

寝るまえに食べちゃダメとわかっていても、ね。禁忌(タブー)へと心が動くこと。禁忌のハードルも低いなあ、と呆れられても、日々の暮らしで、そんなにドラマティックな禁忌破りがあるわけじゃない。

ちょっとした欲望、ちょっとした罪悪。


掲句は句集『浮力』(2011年・文學の森)より。他に何句か。

  上階もおんなじ間取り夕焼くる

  地に届く途中の雪を見てご飯

  頬杖や街が勝手に夏になる

ちょっとかなしい浮遊感。

  春の月未来は信じねばならず

この句は切実に胸に響きます。信じるしかないんです、じつに。

  
[PR]
by tenki00 | 2011-09-01 23:00 | haiku-manyuuki
<< 興梠隆句集『背番号』 新聞紙 >>