消息 佃島

週刊俳句に佃島の写真を使いました。
http://hw02.blogspot.com/2011/07/221.html

上は数年前の撮影、下は今年7月15日の撮影。

どちらもフラッシュは使っていません。暗いところは暗いまま。まあ、デジタル写真は、画像処理である程度行ける。というのは、つまり、暗く潰れた箇所をある程度救済して、色かたちを出すことができる。シロウトにもやさしい。

何を撮るときも、フラッシュは使いません。カメラにフラッシュ機能が付いていなくてもまったくもってOKというくらい使わない。ひとつにはフラッシュをうまく使う術を知らないから。もうひとつは、そんなにきっちり写す必要がないから。

カメラは、ただでさえ、自分の肉眼が見ていない(見えていない)ものまで写してくれます。そこがおもしろいところですが、楽しみでやるぶんには、光を当ててまで、「見えないものを見たい」とは思わない。


しかし、なんです、自分の好きなことについてさえ、技術や知識量を高めようと思わないなんて、つくづく怠け者なことです。

全人生を反省。




[PR]
by tenki00 | 2011-07-19 12:00 | pastime
<< くにたち句会(7月)のお知らせ 熱海 >>