マチェーテ

昨年見逃した「マチェーテ」(ロバート・ロドリゲス+イーサン・マニキス監督・2010)をDVDで。

全編バカ。全編パロディっぽいが、そういう批評的映画にありがちな「知的な臭み」(タランティーノ映画にはそれを感じる)はなかった。人を殺す(といってもゲームの攻撃いたい)シーンで笑える、カットの繋ぎが妙に雑でそこが味わい深い、決めのポーズ・決めの絵(そこがとりわけパロディっぽい)が笑える等、結論的には、サイコーの映画でござんした。

キャラクターはどれもきわめて魅力的。

日本では「ワイルド7」(望月三起也)を映画化するらしいけど、このノリでやってくれないかな。(ロバート・ロドリゲスが監督するのがベスト?)

d0022722_1122658.jpg
[PR]
by tenki00 | 2011-05-24 11:02 | pastime
<< 世界ぢゆう雨降りしきる苔の恋 答えは毎日必要 >>