ホッチキス

バイトに来てもらっているハギッチは、数年前までプロのOLさんだったので、いろいろな面で強力な助っ人である。入力はもちろん、煩雑膨大データから鉛筆やらの文房具まで整理はお手の物。明るく素直で頭脳明晰。ずいぶん助けてもらっているのだが、私がホッチキスの弾を探していると、見るからにサイズの違う弾を差し出す。おや? ホッチキスには勘が効かないか? 苦手か? 聞くと、職場のコピー機が書類を勝手にソートしてホッチキスまで打ってくれていたから、ホッチキス経験はあまりないと言う。

ううむ。コピー機がそんなことまでしてくれるのか。M井金属と我が社では、資本金にも設備にもやはり大きな差がある。

でもなあ、ホッチキス留めの経験があまりないというのは寂しいことだぞ。ホッチキスがさくっと留まった瞬間というのは、たいへんに気持ちがいい。ホッチキスは、すごく楽しい作業なのに。

私は、ルックスはともかく、きっと良いOLになれる、そういう自信がある。コピーも自慢ではないが丁寧だ。反復作業が苦でなく、早い。エクセルも使える。生まれ変わったらOLさんになろうと思う。
[PR]
by tenki00 | 2005-07-21 00:23 | pastime
<< 梅雨明けてこんなところにチャー... 19日はオクンチ第31回 >>