紙芝居「コロちゃん」

くにたち大学通りでときどき紙芝居をやってるんですが、きょう見ました。コロちゃんという紙芝居。

d0022722_23472021.jpg


おもしろかった。たちまちコロちゃんのファンに。

ところで、コロちゃんはロボットなのか? 達磨型の? それを紙芝居のおにいさんに訊くのを忘れた。

で、どういう筋かという、コロちゃんが毛生え薬をもっている。

(どうして? それは前の話を見ないとわからない。連続モノなのですね、紙芝居って。今回見たのは第269話)

すると、目の前のおばちゃんの買い物籠に蛸が! コロちゃん、いたずらで、蛸に毛生え薬をかけてみると、蛸の頭が毛だらけに!

シュール。

コロちゃん、さらに歩いていると、上半身裸のおじさんが!

なんで? シュールすぎる。

「寒そうだね。暖かくしてあげようか」とコロちゃん。おじさんの上半身に毛生え薬を丹念に塗る。たちまち毛だらけに。

おじさん、「暖かくなったのはいいけど、これじゃ熊みたいじゃないか!」と怒る。コロちゃん、逃げる。

「熊みたいだと困るんだよーっ!」と、おじさん追いかける(気持ちはわかる)

つづく。

…と、こんな感じでした。

昭和20年代製造の絵が、もう、渋くって渋くって。見とれてしまいました。




[PR]
by tenki00 | 2011-04-03 23:47 | pastime
<< フィクション? ノンフィクション? 丸山進 >>