好き句61 五代儀幹雄

しらかみの虹もてつなぐ県二つ   五代儀幹雄

麦の会の五代儀幹雄さんからいただいた第2句集『雪・挽歌』(文學の森 2005)の御礼状がなかなか書けずにいたが、シノギがようやくすこしだけひと息ついたので書いた。

雪の句が多い。本のまんなかあたりにまとめられた弔句も印象的だった。けれども、感銘句として書き抜いてみると、雪の句は少なく、「優しい句」「すがすがしい句」が多くなった。

てのひらに遊ばせてからひよこ買う   五代儀幹雄
[PR]
by tenki00 | 2005-07-15 11:09 | haiku-manyuuki
<< 印刷が止まったりして 日曜日 >>