デッキチェア

ひとつの歌。

それは世界中のデッキチェアがたたまれてしまうほどのあかるさでした  笹井宏之

あかるくて、かなしくて、せつなくて、うれしくて、失望があって、希望に満ちて、愛があって、そうじゃないものもあって、ぜんぜんダメで、そうでもなくて、ふしあわせで、しあわせな感じ。

この歌には、私がこの世で味わうすべての思いが在るような気がする。




[PR]
by tenki00 | 2011-01-11 23:55 | etc
<< 「知的」はややこしい むかしの鉄道 >>