ラスト

ジャクソン・ブラウンの大ファンというわけではないのですが、ひとつ、たまらなく好きな箇所があります。The Late Show という曲の終盤。クルマの左右のドアが閉まって、エンジン音が鳴るところ。これ(↓↓↓)の4分40秒付近から。

(そこだけ聞いちゃダメです。最初から聞いてこそのラスト。映画のラストシーンだって、最初から観てこそ。それと同じ)



泣けます。

このラストの前に歌われる歌詞は…

Look--
It's like you're standing in the window
Of a house nobody lives in
And I'm sitting in a car across the way
(Let's just say)
It's an early model Chevrolet
(Let's just say)
It's a warm and windy day
You go and pack your sorrow
The trash man comes tomorrow
Leave it at the curb and we'll just roll away


ちなみに、この曲でスティール・ギターを弾いてるデヴィッド・リンドレーは、めちゃ好いています。




[PR]
by tenki00 | 2010-11-15 18:56 | pastime
<< ウェス・アンダーソン監督、4つめ 折しも >>