紙一重?

スタイリッシュは定義がむずかしいが、それはともかく、スタイリッシュは嫌いじゃない。でも、スタイリッシュに惹かれることと、スタイリッシュが鼻につくのとは、紙一重かもしれない。

最近になってDVDで観たウェス・アンダーソン監督の2作品。

ダージリン急行(2007年)は、◎ ドンピシャのツボ。 

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年)は、△ 私にはひじょうにびみょうな映画だった。

この2本、人によっては、「おんなじ、じゃない?」てなことになるのかもしれない。ま、ともかく、ウェス・アンダーソン作品を、あと何本か観てみることにする。




[PR]
by tenki00 | 2010-10-26 19:30 | pastime
<< エクスペンダブルズはほんとうに... 10月のくにたち句会 >>