科学と神秘

治るとか治らないとかという話。

「虚構体系」の効果
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20100909

プラセボでもいいじゃないかという見方もたしかにできる。代替医療の数々の弊害は、まったく別の問題として。

極私的体験談。

むかしむかし、右人差し指を傷めた。腱鞘炎のような状態? 原因ははっきりしていて、エクセルをアホほど操作したから(データ処理からグラフ作成。定期的、それもかなりの圧縮日程で、かなりのスピードでほんとアホほど操作した)。クリック腱鞘炎。

エクセルはクリックを多用するアプリ。ちなみに私はショートカットキー多用派で、クリックは人より少ないほう。ともかく長らく、そうとうの痛みに苦しんだ。そこで奨められて鍼治療(無痛鍼)を受けた。

私自身は神秘的なものへの懐疑はそうとう強い。若いときマーティン・ガードナー『奇妙な論理 だまされやすさの研究』をおもしろく読み、納得もした。それより以前に「科学信仰」は強い。オカルトは、霊からUFOから占いから何から何まで、いい意味でも冗談としか思わない。

で、その無痛鍼。2時間ほど治療を受け(ほとんどは安らかに眠っていた)、鍼灸院から出ていたとき、人差し指の痛みはきれいさっぱりなくなった。

「どれだけ暗示が効くんだ、自分!」と吃驚。

鍼が科学的に私の指を治療したとは考えない。でも、あれだけの痛みがきれいさっぱりなくなり、以降、再発することもなかった事実を、私は受け入れる。

プラセボ、上等。

痛みから解放されると同時に、懐疑的であるとともに暗示にきわめて弱い自分を知ることとなった。

科学と神秘は、私のなかで、りっぱに共存している。




[PR]
by tenki00 | 2010-09-29 22:00 | etc
<< この世で最高の瞬間 エキゾチック・ジャパン >>