パン

シノギでかけずり廻ったあと八丁堀の鍼へ。そのあと、いつもなら鍼の近くの寿司屋に行くはずが、昼間の取材延長で出てきたのが寿司で、昼夜寿司はつらいということで、どこに行こうか?と迷って、とりあえず甲州街道を走り、由季氏の提案で国領の神戸屋レストランへ。

神戸屋キッチンというパン屋は国立にもあって、ときどきお世話になる。そのレストラン版。セットメニューを頼むと、ウェイトレスさんがパンの籠をもって何遍も廻ってくる。いわゆる食べ放題。パン屋さんだけあって、いろいろなパンが乗っかり、旨い。スープの段階でかなりのパンをたいらげ、最終的に満腹。いい店だなあ。接客もちゃんとしている。

神戸屋レストランはえらい。
[PR]
by tenki00 | 2005-06-30 22:06 | pastime
<< 物乞い サバ >>