ヨ・ラ・テンゴ2009年アルバム

いま現役のバンドでいちばん好きかもしれないヨ・ラ・テンゴの2009年新譜を今頃になって購入(いちばん好きというわりには、ねえ。でも、こうなっちまっています。新譜の発売と同時に入手なんてことはなくなっている。

「POPULAR SONGS」というだけあって、もじり度(引用度)がきわめて高い。まだ1回通して聴いただけですが、わたし的ベストの「I Am Not Afraid of You and I Will Beat Your Ass」(2006)を上回る感じはないです。

ちょっと前の記事でも上げたアルバム6曲目(↓↓↓)。この、腰の入ってない感じ。ピースフルな空気に妙な多幸感が混じるこの感じ。安っぽいストリングス。文句なしに大好きなので困ってしまいます。



音楽全般(とりわけポップ・ミュージック)は、「引用」が主成分。「まるっきり新しい」では、音楽にはならない。「まるっきり新しい言語」では誰にも通じないので、言語にならないのと同じ。

かといって、「新しいところがまったくない」のでは、わざわざ聴く必要もない。

このあたりは俳句も同じ、かも。
[PR]
by tenki00 | 2010-05-30 09:00 | pastime
<< ドアミラーに跳び蹴り ダルとムネリン >>