探す

d0022722_18324525.jpg十代か20歳になりたてか、ラジオか街角かも忘れたが、甘ったるい女性ボーカルが聞こえ、その曲がなんとも軽くて、いい。doo doo…といったスキャットっぽい歌詞、doodling song といった歌詞の一節も聞き取れた。今なら、歌詞の一部がわかれば、ネット検索ですぐさま曲名がわかり、サンプルで曲の一部まで聞ける。なんなら、注文まで済ませられる。

ところが、30年前は、そうは行かない。聞こえてきた曲がどうしても欲しくなって、レコード店に出かけた。

伴奏の感じから分野はジャズと察しがついたので、片っ端からレコード盤をめくり曲目に目を通し、doodling という語だけを頼りに探した。

今から考えると、そんな方法で見つけられる可能性など、ほんのわずか。ところが、レコードをめくってめくってめくり続け、ついに「これだろう!」というレコードがあった。コケティッシュに笑う白人女性が大きくレイアウトされている。あの声なら、このジャケットだと確信めいたものもあったが、視聴など叶わないから、まだ正解かどうかは、とりあえず買って部屋に持って針を落とすまでは、わからない。で、針を落とす。

正解!

これ、これ。

つまり、不便なほうが楽しいこともある、という話。

doodling song ≫http://www.youtube.com/watch?v=AH-AHEsGJWw

ブロッサム ディアリーは昨年2009年2月7日、マンハッタンの自宅にて82歳で亡くなった。
http://hw02.blogspot.com/2009/02/blog-post_13.html
[PR]
by tenki00 | 2010-02-13 12:00 | pastime
<< ごはん クルマでいえば >>