しずる断章

星野しずるのつくる歌に違和感や(軽い)嫌悪を表明する人びと。彼らのつくる歌が、読者(私)を愉しませるにおいて、星野しずるに遙か及ばない確率はきわめて高い。星野しずるは残酷な機械。



星野しずる的なことはしょっちゅう起きる。作曲家/演奏家のピアノが引越のとき、ぽろんと鳴る。その響きが、彼らの全作品・全演奏より遙かに美しいといった出来事。
[PR]
by tenki00 | 2010-01-31 10:30 | pastime
<< Haiku Village 作者の内面 >>